Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/hcx63y90/carlifetorisetsu.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2678
車に関するお役立ち情報をお届けしています。
快適マイカーライフのトリセツ > カーケア > 女性でもカンタン楽々にピカピカにできる傷をつけない手洗い洗車の方法

女性でもカンタン楽々にピカピカにできる傷をつけない手洗い洗車の方法

2016/9/7
カンタン洗車
洗車っていざ自分で手洗いしようと思うとなんだか面倒ですよね。でも、なるべく車に傷がつかないようにするには手洗い洗車が一番です。

ワックスやコーティングなども自分でやったほうが、仕上がりはきれいですよね。

今回は女性でもカンタンにできる手洗い洗車の方法を紹介します。

以前、基本的な手洗い洗車の方法について紹介しましたが(→傷をつけずに愛車をピカピカにするための基本的な手洗い洗車の方法)、ここからポイントを押さえつつ手抜き(笑)できるところは手抜きしていきましょう。

コイン洗車場でカンタン手洗い洗車


カンタン洗車
まずは洗車場に行きブースに車を入れて、洗車コースを選びます。今回は「泡洗車コース」でいきたいと思います。お金を入れてコース選択ボタンを押して、ジェットガンを持ってスタンバイしてからスタートボタンを押せば水が出てきます。

水が出てきたらまずタイヤとタイヤハウスを水で流してから、屋根、窓、ボディー、と上から順番に水で汚れを落としていきいます。

ジェットガンを使うときは、ホースが車に当たらないように、取り回しに注意しましょう。

洗車場によって多少違いがありますが、泡洗車コースを選ぶとジェットガンから水の後に泡が出て、その後に手洗いの時間があります。

水の時間が終わって泡が出てきたら車全体に泡を吹き付けます。泡が終わり手洗いの時間になったら、洗車用のスポンジで屋根から順番に泡で洗っていきます。強くゴシゴシしないようにやさしく洗いましょう。

屋根を洗うときは、自分の体が車に当たらないように気を付けましょう。ファスナーとかでキズが付くかもしれませんからね。手が届かなければ踏み台とかを使うとすごく楽ですし泡が服に付くのも防げます。

ちなみに「洗剤のコース」を選ぶと、泡とは違う洗剤が混ざった水が出てくるのでそれを車に吹き付けて水圧で車を洗っていきます。洗剤が終わるとすぐにすすぎになり手洗いの時間はありません。

手洗いの時間が終わったらすすぎです。ジェットガンから水が出てくるので、車の泡を落とします。すすぎも上から下です。サイドミラーやフロントグリル、細かいすき間の泡もしっかり洗い流しましょう。

すすぎの時間が終了したらブースでの作業は終わりです。このあとは拭き上げスペースに移動して、クロスで水滴を拭き取っていきます。

洗車後の拭き上げが楽になるちょっとしたコツ


ただ、この拭き上げが、クロスで拭いては絞ってを繰り返すのでなかなか大変なところです。

そこで、すすぎが終わったら一度車を洗車機にいれます。ゲートが動き巨大ブラシが回転して自動で洗車をするあの洗車機です。洗車場に設置してあると思います。

そしてブローだけを選択して、風で水滴を飛ばします。これやるとものすごく楽です。すべての水滴が取れるわけではないですが、拭き上げがとても楽になるし、このあとコーティングなどをする際に、ボディーが濡れた状態で使うタイプのコーティング剤の場合にも対応できます。

ブロー専用機があればそれを使います。専用機は洗車場やガソリンスタンドにある掃除機ぐらいのサイズの機械で風が出てきます。

冬などはずぶ濡れの車を一から吹き上げるより、ずっと楽になり本当に助かります。

コーティングもカンタンにできるタイプをチョイス


ブローした後は、コーティングをしていきます。洗車の頻度にもよりますが、洗車のたびにコーティングやワックスがけをしなくてもいいと思います。

実際、車1台コーティングするのも体力がいりますしね。なので、今回は屋根だけ、次はドア部分だけ、と数回に分けてやればいいと思います。疲れたところでやめるとか(笑)。

コーティング剤も「洗車後の濡れたボディーにスプレーして拭くだけ」というものもあるので、そういったタイプの商品を使えばコーティングも楽にできますね。

以上で終わりです。掃除機も家のハンディでやったほうが楽ならそれでもいいですが、洗車場の掃除機を使うならホースの取り回しに注意して車に当たらないようにしましょう。

窓もガラコをぬって拭き取るのが面倒なら、車の窓用の拭き取りシートで全然問題ないです。

あとは洗車場から帰る前でも帰った後でも、車のまわりを一周チェックして水が垂れていたら拭き取っておくと跡が残らなくていいと思います。

まとめ


簡単洗車
いかがでしたか。使った道具は、スポンジとそれを入れておくバケツ、拭き上げ用のクロス、コーティング剤(とクロス)、窓ふきシートです。あと必要によっては踏み台ですね。

砂やホコリ、土などの汚れが車についたまま、軽く絞ったぞうきんなどでいきなり拭くと、汚れがボディーにこすれて細かい傷がついてしまうのでやめましょう。

必ず水で車の汚れを落としてから洗いましょう。バケツに汲んだ水を何度か車にかけただけでは汚れは落ちないのでジェット水流を使うのがいいですね。

というわけで、カンタンな手洗い洗車の方法を紹介しました。参考にしてみてくださいね。では。






関連記事




ホーム
先頭に戻る

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/hcx63y90/carlifetorisetsu.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2678